正一(8期・OB)が徳間書店「読楽(どくらく)」の挿絵を! 15


こんにちは。OBの正一です。

「MJイラストレーションズブック2014」をきっかけに、文芸誌の挿絵を担当しましたので、

ご報告させていただきました。

雑誌挿絵「読楽(どくらく)」(徳間書店) 2015年12月号 本城雅人「持ち出し厳禁」

野球などスポーツ小説を得意とされる本城雅人さんの短編です。スポーツ新聞社が舞台になっています。

厳重に管理されていたはずのスクープが他紙に漏れた。

果たして犯人は編集部か? 販売部か?

というミステリー仕立てになっています。

「MJブックに掲載した以前の文芸誌のタッチでミステリー風に」というご依頼でした。

普段の描いている絵のタッチと少し違いますが、デジタルで描いています。

冒頭の文章にある深夜の編集部をイメージしました。 目次によると、

「読楽」は来月号より頒価形式の文芸雑誌へリニューアルすることになるそうです。

これまでの判型では最後の号となるようです。

機会がございましたら、ご覧くださると幸いです。

shouichi_ill


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 thoughts on “正一(8期・OB)が徳間書店「読楽(どくらく)」の挿絵を!

  • Reply
    加藤佳代子

    正一さん、おめでとうございます!
    デジタルで描いているんですか。すごく雰囲気ありますね。
    新たな一面を見るようでとても新鮮です。

  • Reply
    橋本裕子

    正一さんのイラストレーションズブックのページ、影が効果的に使われているなあと思っていました。
    この挿絵も影が緊張感や切迫感を演出していますね。

  • Reply
    正一

    加藤さん、ありがとうございます。
    テクスチャは版画の摺りをつかってるんですが、線画はタブレットで描いてます。
    普段の絵と違いすぎないよう、「正一の絵」とわかるようにしていきたいです^^

  • Reply
    正一

    橋本さん、ありがとうございます。
    光のあたる方向などはまだ勉強不足なんですが、そのように見ていただけてうれしいです^^

  • Reply
    正一

    安藤さん ありがとうございます! 個展も来てくださってありがとうございました^^

  • Reply
    シーゲル・マチダ

    まだらな陰影がドラマチック!

    黒澤明の「天国と地獄」のようなムード!

  • Reply
    長光雅世

    普段と違うタッチでも、素敵ですね!
    深夜の編集部の雰囲気、かっこいいです。

  • Reply
    正一

    >>シーゲル
    シーゲルもバブル時代から天国と地獄!(←失礼)
    陰影むずかしいねえ〜

    >>長光さん
    うれしいご感想ありがとうございます〜
    小説の舞台とは違いますが、普段の仕事で深夜の編集部を
    20年くらい見ています笑