<装画>6月21日(日)Dクラス 6


 

 


蝶ネクタイが小さすぎ、襟足が長すぎ等、先生にご指摘
いただき、直しました。調べて描いているつもりでしたが、
ぜんぜん正確さが足りなかったようです。反省。
細かいところ、大事ですね!

倉本トルル(23期)「奇巌城」/モーリス・ルブラン

 

「さびしい」というコメントを受け、作中に登場する数式
と、小物を追加しています。
“未来の読者”の心にひっかかるように、意識しないとですね。
・・・もう一種類描けたらよかった!
(ipad & photoshopを使用)

ソラノカサネ(23 期)「 博士の愛した数式」 / 小川洋子

 


①顔が子供っぽいのでもう少し大人っぽく。
(今回は主人公が22歳なのでぎりぎりOK)
②帯が入るので、もう少し全体に上に描いた方が良い。
2点をアドバイスいただきました。
顔はまだまだ課題が残ります。頑張りたいです!

竹内薫(23期)「夜会服」/三島由紀夫

 


誰もが知っている小説で、既に沢山の方が
(峰岸先生ももちろん!)描かれているので、
どう描こうか迷いましたが、坊っちゃんの正義感が強く
無鉄砲な雰囲気が出せたらいいなと思いました。

まえじまふみえ(23期)「坊っちゃん」/夏目漱石

 


猫たちを連れてログハウスへの引越し、猫の脱走(しばらく野生化)等
印象に残ったシーンをまとめてみました。
先生から町田さんは実はもっと男前とアドバイスいただいたので
口元を修正し体の動きを抑えめにしました。

たまゑ(23期)「猫とあほんだら」/町田康

 


帯の位置を考慮するのを全く忘れて、
チルチルとミチルの顔を画面下に描いてしまいました。
描きなおしとなりましたが、身に染みた勉強となりました。

渡辺エミー(23期)「青い鳥」/メーテルリンク

 


今回、カバーの袖部分まで描いたので横に長いイラストにな
りました。余談で峰岸先生から表4まで描くのと袖まで描く
のとでイラストのギャラは変わらないというお話を聞き衝撃
でした。
表紙のデザインを想定しながらイラストを描くのは難しかったです。

かとうあやか(24期)「ブレイブストーリー(上)」/宮部みゆき

 


「キッチン」の装画には大きなミスがあり、
修正はほぼ全て描き直しなので、一緒に提出した別の本になりました。
実は確信犯で挑んだのですが、私の作風では間違いに見え
る、とのことで、至極納得しました。
有無を言わせない作風に、何十年後かになれるといいなと思います。

笹川路子(24期)「檸檬のころ」/豊島ミホ

 


扉や服装から時代を感じ取れるよう描きました。
次は、建物全体やその周りの雰囲気まで描くことに
チャレンジしていきたいと思います!

とつかみさこ(24期)「注文の多い料理店」/宮沢賢治

 


装画をイメージした絵を初めて描きましたが、
タイトルや著者名の位置等を考えるのが面白かったです。
タイトルが自分でも見づらいので工夫したいです。
先生からはなるべく主人公を入れた方が良いと言われました。

とよだかりん(24期)「AX アックス」/伊坂幸太郎

 


箱入り本を抱えてソファまで行った子が、箱から出した本、
というイメージで作りました。
子供の頃、ケストナー全集の箱の背の双葉のロゴが好きでした。
背のヤナギは、ロゴが好きな子がいるかな?
と思って描きました。

長谷祐子(24期)「たのしい川べ」/ケネス・グレーアム

 


少年エルマーが島の動物たちと出会う一瞬をイメージして描きました。
挿絵と違って物語のどこまでを描くか装画は難しいですね。
最初人物の線が強すぎて背景から浮いてしまっていたので
先生のアドバイスで細く修正しています。

はのちあき(24期)「エルマーのぼうけん」/R・S・ガネット

 

はじめて装画というものを描いたので、構図や背景に悩みました。
鼻や口の描き方が漫画っぽいとご指摘を受けて、
イラストレーションというものについてちゃんと考える
きっかけになりました。
今の雰囲気も残しつつ、漫画っぽくないイラストを描けるようになりたいです。

ユウキ(24期)「愛を知らない」/一木けい

 

以下、振替。


挿絵と同じシーンをカラーで描きました。
装画が挿絵と同じシーンになることはよくあることだよ。
とお話を伺いました。
今後も建物等、苦手なモチーフもチャレンジしたいと思います!

もとざわひろみ(22期)「スイート・ホーム」/原田マハ

 

 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 thoughts on “<装画>6月21日(日)Dクラス

  • Reply
    笹川路子

    突然違う本の絵になってしまったのですが、そもそも同じ本の装画を何パターンか出すものということをわかっていなくて、別の本の装画をパラパラと出しました(先生、改めてすみません)。途中で気づいた時には、時すでに遅しでした。もともと本が好きなので、最初に挿絵・装画の課題の前に候補を5冊くらい出して、それぞれラフスケッチを描いたので、キッチンが終わると気持ちがもうそっちに移り…。

    どれも皆さん素敵です・・・!
    いつも長文になって恥ずかしいので、個人的なやつに絞ります。
    倉本さん、今回の男性も素敵ですね。デフォルメしているのに、かといってコミカルでもないのがすごいなぁといつも思います。背景はこれはどうやって考えたんだろう、と思いました。色合いも好きです。
    まえじまさん、とっても目を引きました。洗練されていて、憧れます。誰もが知っている作品で、こんな戦い方ができることにも、ガツンです。
    はのさん、背景の遠くのぼんやりとした明るい色の感じがいいなぁと思いました。これはアナログでしょうか?背景も人物も、しっかり描かれているのにリアルすぎない感じがすごいなぁと思いました。

    有用なコメントはできませんが、最近、絵って、個人的に好き!かどうかでいいのかも…と思いました。。。他にもソラノさんの視線とか、たまゑさんの猫とか、渡辺さんの鳥の下の木の描き方とか好きです。他にも・・・と言い出すと長くなるので一旦この辺で自粛します。

  • Reply
    渡辺エミー

    A~Dクラスの絵を拝見して、圧倒されております。
    コメントも、どこから切り出そうか、文章がまとまらないので、
    まず、自分の経緯を描こうと思います。

    今回、描きなおしてなんとかピックアップにすべりこみました~
    「青い鳥」、有名なお話なのに、本をちゃんと読んだことがなく、物語が劇になっていてびっくりしました。
    描き始めようとすると、色んな点で手が止まってしまいました。
    ●チルチルとミチルの衣装が本に細かく描かれているので、衣装を調べつつ、既存の絵とかぶりすぎないようにしようと思って、手が止まる。
    ●鳥の飛んでいるときの格好が分からず、いろんな角度の鳥の写真をスケッチするところからはじめないと、デフォルメの絵も描けない。→スケッチから始める。
    そして、帯のことがまったく頭から抜け落ちてしまったのでした~(;^_^A

  • Reply
    もとざわひろみ

    今回は振替でおじゃましました、22期もとざわひろみです。
    皆さん力作でとっても見応えがありますね!
    私はこのところ児童文学が多かったので、今回は小さなスイーツ店をめぐるほっこりした小説を選びました。
    もう一点は象徴的なモチーフ(ウエディングケーキ)を描いたのですが、
    挿絵と同じモチーフのカラー版がピックアップとなりました。

    倉本さん、素敵なルパン!背景のモチーフも雰囲気があって色がとても好きです。
    まえじまさん、店頭で手にとってみたくなる「坊ちゃん」ですね!
    ねらい通り、坊ちゃんの性格と雰囲気が伝わってきます。
    たまゑさん、ねこちゃんの表情がたまりません!
    笹川さん、檸檬色?がとても綺麗ですね!原画で見てみたかったです。

  • Reply
    うめもときょうこ

    装画の課題は、個人的には不得意なのですが、
    AからDクラスの課題作品を見て、本当にいろんな装画が出来上がるのはとても楽しいですね。
    同じ小説の方も何名かいらっしゃいましたが、同じ小説でも全く違う装画になることもおもしろいです。

  • Reply
    前田なんとか

    どの装画も見応えあって、圧倒されます。
    しかし、たまちゃんのねこちゃんは可愛すぎてゾクゾクします。

  • Reply
    まえじまふみえ

    こんにちは、23期のまえじまです。
    ずっと展示などでバタバタしていまして、
    みなさまにご挨拶おそくなりまして失礼しました、、
    どうぞ、よろしくお願いいたします!

    笹川さん
    ご感想ありがとうございます。
    かなり勇気のいる選書でしたが、アイディア出しの練習にもなって、チャレンジしてみてよかったです。
    「檸檬のころ」、女の子の眼差しが、お年頃のJK?の雰囲気がとても出ていて惹かれました。

    もとざわさん
    ご感想ありがとうございます。このところ人物が課題だったので、そう言っていただけてよかったです。
    「スイート・ホーム」、ワンちゃんのちょっとニヒルな表情がなんとも可愛いです。お店のオレンジの鮮やかさが店頭で目立ちそうですね!