荒木敦子(19期・B)が宇和島伊達家の絵本を! 9


Bクラス19期の荒木敦子です。

宇和島伊達家の絵本制作に携わらせて頂きました。

この度、シリーズ第3弾の「伊達宗利の娘、豊姫物語~家と故郷つなぐ
「あんず」の縁~」が完成しました。

第1弾は伊達政宗公の長男で宇和島藩初代藩主の「伊達秀宗公物語~
政宗と親子の絆」、第2弾は幕末から明治初期の激動の時代を100歳まで
生きた第7代藩主「伊達宗紀公物語~天が赦した長寿大名」のお話です。

シリーズ化したこの絵本制作プロジェクトは、2015年に初代藩主秀宗公
が宇和島に入部して400年を迎えたのを機に、宇和島信用金庫さんの地域
貢献活動の一環で、「受け継いだ歴史と文化を子どもたちの未来につなぐ」
ことを目的に始まりました。それぞれ2万冊が無料配布され、子どもから
大人まで一緒に楽しんでいただき、全国からたくさんの反響があったようです。

イラストレーションを描くにあたっては、テキストにはない当時の様子を、
子どもたちに伝えられるよう、峰岸先生の「ちゃんと調べて、理解して
描くこと!!」といういつものアドバイスを思い出しつつ、かなりの資料
を読み込んでから描きました。また、登場人物の心の動きを感じてもらい、
場面変化を楽しんでもらえるよう、ページ構成などにも気を遣いました。

学芸員さん達の心強い全面協力にも支えられ、3冊ともとても楽しく制作
することができました。

手に取った子どもたちに親しみを持ってもらえ、愛される絵本に育って
いったらいいなと思います。

 

(企画制作:株式会社コトヴィア)


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 thoughts on “荒木敦子(19期・B)が宇和島伊達家の絵本を!

  • Reply
    川井純子

    立派なお仕事ですね。。!
    依頼が来るって本当にすごいことだなと思いました。
    和風建築とかも細やかで、しっかり一生懸命描かれてるのがとても伝わって来て真摯な気持ちになりました。。

    • Reply
      荒木敦子

      川井さん
      ありがとうございます!
      和風建築、見て頂けて嬉しいです、、時代によって変わる瓦の形なども今回勉強して初めて知りました。
      本当に一生懸命さでカバーしたい私の絵ですので、川井さんのようにお洒落な、詩的な絵にとても憧れます。

  • Reply
    ミヨシ

    時代物でシリーズってほんとに資料の読み込み大変そうですが、とっても丁寧に親しみやすい世界観作っていて、これは後々まで読めますね。
    これが無料配布、地元銀行のよきイメージアップですねー。

    • Reply
      荒木敦子

      ミヨシさん
      ありがとうございます!
      宇和島信用金庫さんはこの取組みで、地域貢献賞なるものを受賞されたそうで…本当にいい会社ですよね。
      ミヨシさんの本格派なのに可愛い、時代物の絵もまた拝見したいですー!

  • Reply
    須貝美和

    荒木さんやっぱりすごいね!
    お母さんになったことも良い影響を与えてるのかな、
    荒木さんの絵を見ているとやさしい気持ちになります

    • Reply
      荒木敦子

      須貝さん
      温かいお言葉ありがとうございます!
      以前ドン底期に、須貝さんにいただいたお言葉を胸に、イラストレーションに向き合っています。
      またお話できる機会を楽しみにしております。

  • Reply
    石橋 澄

    荒木さん、すごい!!!歴史物と聞くと身構えそうですが、入りやすい絵がいいですね!!
    私は個人的にこの戦いの絵が好きだな〜!(半分しか見えないけど)
    子育てしながらのお仕事、ですよね?? 絵本は大変な作業と聞きます。大尊敬・・・!!!
    MJに復帰されたのも嬉しく思っています。これからも拝見できるの楽しみです!!

  • Reply
    奥山ひかり

    かわいらしい人物ときれいな色使いがすてきですね〜!
    着物や鎧兜とても丁寧に描かれてて、かなりの資料を読み込んで、、というのも納得です。。読んでる方もわくわくしそうな絵本だと思います