君野可代子が今度は講談社文庫で! 9


ご無沙汰しております。7期OGの君野可代子です。
この度イラストレーションズBOOKがきっかけで文庫の装画のお仕事をしましたのでご報告させていただきます。

近藤史恵さん著「薔薇を拒む」、講談社文庫より刊行。
デザインは高柳雅人さんです。ミステリー小説ですがティーンエイジの登場人物たちのみずみずしさを表現したいと思いながら描きました。帯にかかる部分に犬が居るのですが、帯の方にもモノクロで装画を印刷してくださって犬が居ることが分るようになっていまして、これ がたまらなく嬉しかったです。

 

kiminokayoko


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 thoughts on “君野可代子が今度は講談社文庫で!

  • Reply
    原口祥絵

    mjの授業に行く前にダズルギャラリー近くの本屋に寄ったら「この絵は!」
    と思ったらやはり君野さんのイラストレーションでした!!

    やはり素敵です、、、。おめでとうございます!

  • Reply
    とやちかこ Post author

    わー。素敵ですねー。わんちゃんもかわいい!
    帯のデザインも丁寧にされているようで、拝見するのが楽しみです!
    おめでとうございます!

  • Reply
    橋本裕子

    君野さん、おめでとうございます!
    「スウ姉さん」も清々しい雰囲気で素敵でしたが、この絵も物語に誘うようで魅力的ですね。

  • Reply
    君野可代子

    掲載くださいましてありがとうございます。
    原口さん、とやさん、橋本さん、コメントありがとうございます。
    原口さん本屋さんでみつけてくださったのですね、うれしいです。
    小説が全体的にとてもシックで美しいものを集めたような感じでしたので、その雰囲気を壊さないようにしつつ飲み込まれすぎないように気をつけました。ですがなかなか勉強不足でもっと精進しなければと思います。。
    手に取ってご覧いただけましたら嬉しいです。

  • Reply
    加藤佳代子

    君野さん、ご活躍おめでとうございます!
    今年に入って何冊目になりますか? 変わらない君野さんの世界、素敵ですね。
    ブログを度々拝見しているのですが、これからも楽しみにしています。

  • Reply
    後藤由希

    君野さんお久しぶりです。
    みずみずしさ感じます。どんな物語なのか、「薔薇を拒む」というタイトルと装画の相乗効果で読みたくなります。
    書店でモノクロの犬を私も拝見させていただきます!!

  • Reply
    君野可代子

    加藤さん、坂内さん、後藤さんコメントありがとうございます。
    返信が遅くなってごめんなさい。
    「薔薇を拒む」、登場人物それぞれの秘密を探りつつ‥青春小説としても面白かったです。
    これまでに仕事で何冊か絵を描かせていただきましたけど、本に自分の絵を使ってもらえていることがまだ信じられず、全部夢だったのではないかとドキッとするときがあります。有り難いことですね。

  • Reply
    袴田章子

    きみのさん
    おめでとうございますー。
    君野さんの作品がつぎつぎ本屋さんで見られるのが
    うれしく、とてもはげみになりますー。わたしも帯のわんちゃん
    みにいきます。