Tsuin(18期・A)がハルキ文庫で樋口明雄著「風に吹かれて」の表紙と題字を! 7


こんにちは。18期AクラスTsuinです。
先月発売しました樋口明雄さん著「風に吹かれて」(ハルキ文庫)の表紙と題字を描かせて頂きました。
共に初めてなので不安もありつつも、楽しく描かせて頂きました。
内容は岩国を舞台にした、スタンドバイミーのような樋口さんの自伝的少年時代小説で、途中ほろりとくる場面もあり、
爽やかな後味となっております。それから登場人物の岩国の方言(「ぶち、かわいいのう」など)も味わいがあります。
樋口さんのfacebookには裏話も書かれていて、合わせて読むとと楽しいかもしれません。
本屋でお見かけの際は是非お手に取って見てください。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 thoughts on “Tsuin(18期・A)がハルキ文庫で樋口明雄著「風に吹かれて」の表紙と題字を!

  • Reply
    東久世

    あー!これが話してたやつね!
    題字も書けるなんですごい~~~☆
    最近岩国行ったけど、方言は聞けなかったなぁ ざんねん><

  • Reply
    須貝美和

    すごい、題字もTsuinさんなんだね!
    人物もさることながら「風」の字が著者の過ごしてきた時間を包むような、物語る感じが素敵だね。

  • Reply
    橋本裕子

    のどかで、やさしい雰囲気の題字、初々しい少年・・・
    ボブ・ディランの懐かしい曲ですね(この曲の歌詞が今の世界にも通用しているのが怖い)

  • Reply
    鈴木実千代

    風の音、ギターの響きが聴こえてきそうですね。ピュアな感じが伝わってきます。書店で見てみようと思います。