長光雅世(11期・休学中)が「銀花の蔵」の装画とカットを! 27


11期休学中の長光雅世です。
タイムリーなお仕事をさせていただきましたので、ご報告させてください。
先日、装画を担当した小説が直木賞候補になりました。
遠田潤子作の「銀花の蔵」、新潮社から4月に発売されています。

奈良県の座敷童がいるという醤油蔵が舞台で、主人公の銀花の10歳から60歳までの家族のお話です。

一家には困難や因縁がたくさん….それでも銀花は、彼女なりの家族(幸せ)を得ていくので、読後は「私も頑張ろう」と思えました。
装丁は新潮社の古閑里良さんです。
打ち合わせの際、コロナにドキドキしはじめた頃でしたので、カフェではなく新潮社に招いていただき、重厚感ある建物に感動しました。
古閑さんは、峰岸先生も何度か一緒に仕事をしたことがあるそうで、打ち合わせの際は先生のお宅へ作品を取りに行った話を聞かせてもらいました。
お土産にいただいた「波」には峰岸先生の昔のお仕事の絵(欽ちゃん、渥美清、植木等)が載っており、良い絵が描けそうな予感がしました。
 
装画は一面に描かせてもらい、本扉にカットも描きました。
MJブックからきた仕事なので、先生にはとても感謝しております。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

27 thoughts on “長光雅世(11期・休学中)が「銀花の蔵」の装画とカットを!

  • Reply
    原口祥絵

    長光さん
    素敵なお仕事おめでとうございます!
    夕日と蔵と銀花さんの後ろ姿で彼女なりの幸せを得ていくという雰囲気が伝わってきます。
    不安な毎日私も「頑張ろう!」と思えるように本屋さんで探してみようと思います。

    • Reply
      長光雅世

      はらさちさん、ありがとうございます。
      個展前、お忙しいでしょう?
      先方の装画のイメージがしっかりあり、そのまま描かせてもらいました。でも、後ろ姿で伝えられているか心配だったので、コメント嬉しいです。

  • Reply
    長光雅世

    峰岸先生、なんとかさん、掲載ありがとうございました。
    素敵な作品に関われて嬉しいです。

  • Reply
    銀杏早苗

    長光さん、おめでとうございます。
    夕暮れの空がほんとうにきれい。
    気負いなく描かれたのかな…。優しく、そして女性の後ろ姿からは力をもらえるような気がしました。
    これまで風景も人物もたくさん描いてこられたからこその出来栄えのように思いました。
    私も、読んでみたいと思います。

    • Reply
      長光雅世

      銀杏さん、ありがとうございます。
      とっても気負ってしまいそうだったので、なるべくいつも通りいつもどおり….と念じながら描きました。
      夕暮れの空、実は原画より赤く直してしてもらっています。文字を載せてみたところ、もっと赤くしたいと意見があったそうです。バーコードの背面は赤系だと認識すると聞いていたので割と赤かったのですが、表1は紫っぽかったのです。鮮やかになって嬉しいです。

  • Reply
    小林葉子

    長光さんにぴったりな素敵なお話ですね。叙情的な空の色合いが本当に素敵です。本屋さんに並んでいたら目を引きますね!風景画が苦手なんですが長光さんのを見ると描いてみたいなぁと思います。。

    • Reply
      長光雅世

      葉子さん、どうもありがとうございます。
      ぴったりですか?うれしいです。
      風景苦手ですか?そういえば、あまり見たことないかも
      。でも、楽しそうな筆遣いで素敵な風景が描けそうな気がします!
      個展も頑張ってください!

  • Reply
    前田なんとか

    長光さんすごい!
    今回のはいつもとはまた違って、緻密な描き込みで長光さんの魅力が存分に出ている装画です!

    • Reply
      長光雅世

      なんとかさん、ありがとうございます。
      そうなのです。過去の私の作品の描写多目のものぐらい、又はそれ以上、細かめに描いて欲しいと言われ、いつも筆のタッチで描いていた部分を細かめに描きました。
      かたいイメージになりすぎそうだったので、稲穂は筆のタッチで描いて調整してみたつもりです。

  • Reply
    ふちのとみよ

    長光さんおめでとうございます。
    本の全面に長光さんの世界が広がっていて
    とても美しく素敵な装丁ですネ。本屋さんでもきっと
    目を引くでしょうね!
    そして直木賞候補作品という事で注目度も上がりますね。
    重ね重ねおめでとうございます。

    • Reply
      長光雅世

      ふちのさん、お久しぶりです!
      先日、わ、復学してる!と喜んでいました!なのに入れ違いで残念です。
      緊急事態宣言期間中の発売でしたので、なかなか書店に行くことも見ることもできず、やっと書店で見つけた時は感動でした。
      目をひいて、たくさんの方に遠田さんの作品を読んでもらえたらうれしいです。

  • Reply
    菅原さこ

    長光さん、おめでとうございます!

    長光さんの描く空が本当に素敵です。
    澄んだ空気の冷たい冬空も好きですが、温かみのある空も素敵ですね。
    いつまでも眺めていたいです。
    本も面白そうですね。

    • Reply
      長光雅世

      さこさん、ありがとうございます。空好きと言ってもらえて嬉しいです。
      装丁の古閑さんのデザイン力が加わって、いつも以上の出来になっていそうです!
      私は空や雲が好きなので、その素敵さを表現したいのですが、なかなか理想通りにならないです。空の奥行きや雲の立体感や重なり、消えてゆくところ…..もっと描けるようになりたいです!

  • Reply
    しのはらえこ

    とても素敵なお仕事、おめでとうございます!
    いつもより描き込んだということですが、
    より長光さんの画力が際立っていますね、、!
    長光さんの描かれる空はどこか懐かしく、切ないような温かいような。
    感情に訴えるものがあります!!
    出版社での打合せ、、憧れます!

    • Reply
      長光雅世

      えこさん、ありがとうございます。
      出版社の打ち合わせ、憧れですよね!
      3月に打ち合わせだったのですが、場所はカフェでも新潮社どちらでもということだったので「ぜひ!」とお邪魔させてもらいました。
      新潮社の応接室のような場所に伺ったのですが、建物の作りも家具も重厚感あり油絵が飾られていて(高いらしい)、古い映画みたいだし、気持ちもひきしまりました。

    • Reply
      長光雅世

      アコちゃん、ありがとう。私らしい絵を描かせてもらえて嬉しかったです。
      帯まで描いてもいいって言われたので、どーんと描かせてもらいました。バーコードの背景も赤系だったら載せられるの聞いていたので、赤く赤く描きました。

  • Reply
    もとざわひろみ

    長光さん、素晴らしいお仕事おめでとうございます!
    長光さんならではの世界が全面に広がっていて、
    優しい空の色が本当に素敵な美しい装丁ですね!
    そして、女性の後ろ姿に物語を感じ、読みたくなります。
    ぜひ店頭で手に取って見たいと思います。

    • Reply
      長光雅世

      もとざわさん、ありがとうございます。
      女性の後ろ姿も指定だったのですが、後ろ姿で魅力的に描けるかとてもドキドキしていました。
      飾り気がなく、きれいって訳ではない女性だけど、辛い沢山のことに折れずに生きた人で…..そんな女性に見えると嬉しいです。
      今回、夕焼けも遠くに街並みも蔵も稲穂(または畑)、春か秋、女性の後ろ姿と全てリクエストだったので、その通りに描いてみました。それで、私らしくなるなんて嬉しい依頼でした。

  • Reply
    森 きなこ

    長光さん おめでとうございます!
    いつも空気感が素敵だなと思っているのですが、今回も女性の内面が垣間見えるような、空の奥行きというか、(ちょっと召されそうな)壮大さを感じてやっぱりキレイだなぁ〜とまじまじと見てしまいました。。
    書店で現物も拝見してみます!

    • Reply
      長光雅世

      召されそうですか⁉︎
      衝撃の感想でしたが、内容的にもあながち間違いではないのが楽しいです!
      書店では、綺麗な紺色に発光するような白い文字のドラマティックな帯が付いています。私の住む市では、大きな書店で見ました。

      • Reply
        森 きなこ

        空の美しさと迫力があってすごく素敵だなぁと思ったのですが、すみません語彙力不足で…涙
        帯もとても気になるので書店で拝見します!!

        • Reply
          長光雅世

          きなこさん、面白い感想で嬉しかったですよ!
          神に通じるような空が描けたってことは凄い褒め言葉で、幸せです。
          ありがとうございます。

  • Reply
    竹内薫

    雅世さん、ステキですね。
    一面の装画圧巻です。黄金色の稲穂の風景に夕焼けの色が綺麗でうっとりです。
    直木賞候補となるとますます沢山の方々に手に取っていただけますね。そんな期待の作家さんの装画を任せられるなんて、すごいですね。お店で探してみます。

    • Reply
      長光雅世

      竹内さん、ありがとうございます。
      いつも地味な絵を描いてますが、装画だから鮮やかな方がいいかなぁと発色が良くなるような描き方や色使いを心がけてみたので、黄金色や夕焼けに惹かれてもらえて嬉しいです。
      あたたかな風合いの紙を使ってあるので、手にとると、何だか良いので、書店で是非。

  • Reply
    むらたゆか

    長光さん

    お仕事おめでとうございます。
    ノミネートのニュースを見て、
    長光さんの絵だとすぐにわかりました。
    構図がステキ。広々してて気持ちが良いです。

    7月15日が楽しみですね⭐︎